読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7つの習慣 win-winの考え方

こんにちは!毎週木曜日にコーチングや株式投資などなど思ったことをブログにかいています。
 
いいね押して頂けると励みになります。
今回からアメブロからはてなブログに引っ越し致しました。
 
みなさんゴールデンウイークはどうお過ごしですか?
日本の市場は休場で閑散としていますね。
正直ひまです。
 
では今日のテーマは「win-winを考える」です。
この言葉を聞いたことある人は多いと思います。
 
この考え方は周囲の信頼を得て人間関係を公的成功に導くため必要な習慣となります。
 
win-winとはどういうこと自分も勝ち相手も勝つ、双方にメリットのある道が真の正解という考え方です。
 
公的成功とは他者を打ち負かして手にする勝利のことではなく関わった全員のためになる結果に達するように効果的な人間関係を築くことそれが公的成功なのです。
 
人間関係のパターンにはwin-winを含めて6つあります。
図を見てもらえればわかりやすいです。

f:id:eine-kleine-nachtmusik-52511:20160507120536j:image
 
今アメリカの大統領選でトランプ氏とクリントン氏が注目されていますが個人的にはトランプ氏がwin-loseの考え方でクリントン氏がwin-winの考え方なのかなと思っています。
なのでできれば日本のためにもクリントン氏に勝っていただきたいものです。
 
win-winを成立させるために必要な資質は2つ
 
自分のwinを求めて相手に対し誠実に気持ちを伝える「勇気」と相手にwinを与える「思いやり」
この2つの資質です。
 
もしwin-winにならない難しい場合は図の右下「取引しない」を選択するのが理想的でしょう。
そうなるまえにいい選択ができればと思います。
 
そうなる前にどうすればいいのかそれは「プロセス」が重要になってきます。
7つの習慣の著者コビィーは
➀相手を理解し②解決すべき課題を明確にする
③確保すべき結果を明確にし④結果を達成するための選択肢を出す。ステップを勧めています
 
win-winにもっていくための選択肢は無数にあると思います。
是非一度、人間関係で悩んでいたら無数にある選択肢を考え直してもいいですし
取引しないという方法をとるのもいいでしょう。